LINEスタンプ作成 発注の流れ

皆さまこんにちは。柴犬と猫のイラスト制作のキザキヤです。
今回は、お客様がキザキヤにLINEスタンプ作成発注の流れをご案内致します。

LINEスタンプ作成の流れ

①問い合わせ

  • お問い合わせフォームにて「LINEスタンプ作成依頼」とお書きください。
  • 画像のイメージをお伝えください(ねこ、犬、二頭身、コミカル、可愛い、シュール‥など)
  • 言葉や仕草のイメージをお伝えください(「おはよう」「ありがとう」「ちょっと待って!」「もじもじ」‥など)
  • 販売個数をお伝えください。8個・16個・24個・32個・40個
  • アニメーションスタンプの場合は8個・16個・24個
  • 静止画かアニメーションかご希望をお伝えください。
  • お問い合わせいただければ、2〜3日以内に折返しご連絡致します。

②下書き(ラフ)のチェック

お客様から頂いた情報とイメージを元に、キザキヤで下書き(ラフ)を作成。

お客様にチェックをしていただきます。オッケーが出ればillustrationにて制作していきます。

③完成品のチェック

1〜2週間後、完成した画像のチェックをしていただきます。

ここで、色味や文字の大きさやバランスなどチェックしていただきます。

(動くスタンプの場合、さらに1〜2週間のお時間を頂く場合がございます)

④納品

確認が取れましたら、PNGファイルをお客様に納品致します。

作成したillustrationのデータをお付けする事もできます。(別途料金がかかります)

LINEスタンプ価格一覧

LINEスタンプ(静止画)

LINEで販売できるデータを作成します。

制作項目 内容 料金
LINEスタンプ スタンプ画像8個+メイン画像+タブ画像 ¥50,000〜
スタンプ画像16個+メイン画像+タブ画像 ¥100,000〜
スタンプ画像24個+メイン画像+タブ画像 ¥150,000〜
スタンプ画像40個+メイン画像+タブ画像 ¥200,000〜

アニメーションLINEスタンプ(動画)

LINEスタンプの動くバージョンの作成します。

制作項目 内容 料金
アニメーションLINEスタンプ スタンプ画像8個+メイン画像+タブ画像 ¥150,000〜
スタンプ画像16個+メイン画像+タブ画像 ¥300,000〜
スタンプ画像24個+メイン画像+タブ画像 ¥450,000〜

オプション項目

オプション AIデータの引き渡し ¥50,000〜

LINEスタンプ制作 過去事例

『未来創造スペース〜mirai ageo〜』様からのご依頼の例です。

ハリネズミのキャラクター「もぐもぐはりーくん」のLINEスタンプになります。

常に口の中に何かを入れている可愛いキャラクターです。

ちなみにご購入はこちらからできます→ぐもぐはりーくん

①打ち合わせ

埼玉県上尾市で活動されている『未来創造スペース〜mirai ageo〜』様。「LINEスタンプを作りたい」とお声かけ頂きまず打ち合わせをさせて頂きました。関東近郊なら打ち合わせにお伺いできます。

打ち合わせで「ハリネズミで、もぐもぐしているキャラクターにしたい」とのご要望をいただきました。

ハリネズミといっても、リアルに近いイラストからコミカルなものとイメージは人それぞれなので、さらに「丸っこい感じ」「ムー●ンに出てきそうなのよりは、ハ●太郎っぽい感じ」など、より共通認識が取りやすいイメージを頂きました。

また、インターネットで検索して「こういうイメージが良い」と言っていただけると非常に助かります。

②下書き(ラフ)の作成

下書き(ラフ)を描いて確認をして頂き、キャラクターを作成しました。今回は約3パターン程度ご用意させて頂き、その中から選んで頂きました。

キャラクターを作成した後、今回は16個のLINEスタンプにしたいということでしたので、16個の言葉(しぐさ)を送って頂き再度16パターンのラフを作成して確認をして頂きました。

LINEスタンプとして特徴を生かすために、ビスケットに文字を入れてスタンプとしてのわかりやすさを意識して作りました。

16個のラフで特に修正がないとのことでしたので、このラフを元にillustrationでデータを作っていきます。

③完成品のチェック

 

完成したイラストを確認して頂き、特に問題がなく作成は終了です。

④納品

スタンプ画像16個+メイン画像1個+タブ画像1個のPNGファイルを納品致しました。(LINEスタンプ画像はPNGファイル指定なので、そのままLINEに登録できます)

ご依頼を頂いてから約1ヶ月半程度で納品完了致しました。

作成にあたってのポイント

制作をスムーズに進行させるポイントとしては、お客様の作りたいスタンプのイメージが明確である事です。

(どこで使うのか、誰に使うのか、ビジネス用かブランディング用か‥など)

絵のイメージは人それぞれです。「こんな感じにしたい」と言葉だけよりも、イメージに近い画像があると、制作側も迷いなく作画ができるのでとても助かります。また、お客様が普段好んで使っているスタンプなども教えて頂けますと、制作する際のヒントになります。

ご不明な点や気になる点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
お待ちしております。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です